アバナ

最新のED治療薬

アバナ

日本ではまだ未承認

ED治療薬といえば主にバイアグラ・レビトラ・シアリスの3つが非常に有名だと思います。この3つを通称三大ED治療薬とも呼ばれていて世界中に利用者がいます。

しかし、日本ではまだ名前が知られていないですが、お隣の韓国をはじめとしてヨーロッパ・アメリカ・インドを始めとしたアジア諸国の世界中で利用されている新しいED治療薬があります。それがアバナ(ステンドラ)です。

アバナ(ステンドラ)の主成分であるアバナフィルですが、実は最初、日本の田辺三菱製薬会社が開発を進めていました。

そこからアメリカのVIVUS(ヴィヴス)社に日本と一部のアジア地域の販売権を除いて譲渡をして2012年に販売がスタートしているのです。

日本では販売から2018年時点で6年が経過していますが、未だに販売されていません。

ステンドラは世界によって若干名称が変わっていて色々な名前で販売されていてお隣の韓国ではZEPEEDRAという商品名で販売されています。

このステンドラの特徴はこれまでに発売されたED治療薬の特徴を兼ね備えたED治療薬とも言われています。

レビトラのような即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けずにバイアグラと同じ薬の効果作用時間があると言われています。

例えば薬というのも長く効けば良いというものでもありませんよね。人によってはパッと飲んでスッと効果が消えて欲しいと思う人もいるわけです。

まさにこれまでの特徴を兼ね備えたED治療薬と言ってもいいでしょう。

ステンドラは服用して最短15分、平均20分前後で効果を表すといわれていて、さらに添付文書によるとED治療薬のネックである「空腹時服用」とも書かれていません。

いちをシアリスと同様に800Kcalまでは食事の影響をうけないとされています。

また個人差がありますが、副作用も少ないとされていますので非常に使いやすいのではないでしょうか?

ステンドラは3つの規格から販売されていて【50mg錠・100mg錠・200mg錠】の3つから販売されています。

これまでに発売されたどのED治療薬とも規格が違うので注意をしてください。

日本では認可がまだ降りていませんが、世界中で販売されていて多くの人が薬の効果を実感しているのですが、利用してみたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するしか基本的に手に入れることは出来ません。

医薬品個人輸入代行サイトについて詳しく知りたい方は『医薬品個人輸入代行サイトとは』をご覧になってください。

また医薬品個人輸入代行サイトを利用すればもはや日本では認可されていないステンドラのジェネリック医薬品も販売されています。

ですのでもはや先発医薬品のステンドラよりもジェネリック医薬品のアバナのほうが日本では有名になっています。

アバナを販売しているのがSunriseRemedies(サンライズレメディーズ)社と呼ばれる会社であり、日本では名前は知られていないかもしれませんが、インドの株式市場にも上場していてWHO(世界保健機関)によるGMP(医薬品などの製造品質管理基準)に基づいて製品を販売しています。

仏教によるアーユルヴェーダの原則に従って良心的な運営を志しており、非常に信頼が高い会社です。

ED治療薬だけではなくて抗マラリア、心臓病、皮膚科、眼科、呼吸科、筋骨格など様々な医薬品の製造・販売をしている大手一流企業です。

インドといえばジェネリック大国であり、多種多様なジェネリック医薬品を製造している国ですので安心して利用することが出来ます。

ステンドラを購入するのもいいですが、1錠あたりの値段は2,000円前後します。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用してステンドラのジェネリック医薬品であるアバナをまとめて購入した場合、1錠あたりの値段が600円の約3分の1程度で購入できます。

最新のED治療薬を購入したいと思ったら是非ともアバナで試してみましょう。

アバナをまとめて購入する