自由に見ることが可能

インターネットだったら昔の作品とかも簡単に見ることが出来てしまいますのでちょっと前の人もバレテしまうのです。

残る可能性が高い

昔だったらエロ本だったりしていてそこまで出演しても分からなかったものがインターネットの誕生や女優たちがどんどん表舞台に立ってきたこの業界において実際に出演する際のリスクがあると思いますので気をつけなくてはいけないかもしれませんね。ちゃんと考えた上で出演することが大切だということを覚えておきましょう。

ここでは出演する際のリスクというのをしっかりとお伝えしていきます。いい部分もあれば悪い部分もあると思いますので両方把握しておきましょう。

リスクというのは自分が出演しているということがバレテしまうということです。一度きりの出演だとしても大々的に広告を打たれてしまったら印象に残ります。

そうなれば周りに出演することがバレテしまいますので周りから白い目で見られてしまうというのは間違いありません。まだまだこの業界は世間体が悪いです。というよりかはこれに出演するということはずっと世間体はあきらめる覚悟で臨まなくてはいけません。

お金のために出演するということで仕方ないと思っているかもしれませんが、そもそもお金がそこまで無くなるということをしないようにすることが出来なかったということですから世間の目は厳しいです。まず親や知人にバレテしまうということになりますのでどんどん疎遠になっていったり見下されてしまうということもあるでしょう。

そして何よりもずっと記録に残るということです。特にある程度世間で注目を浴びるほどに出演本数が増えていったらもはや認知されることになります。

そのためこの業界でしか生きていけないということになります。まず一般の会社に就職しようと思っても落とされることケースが多いです。やはり出演していたということが明るみに出ると見る目が変わってきますのでなかなか就職は難しいですし、就職しても色眼鏡で見られてしまって働くどころではありません。

出演するというリスクはずっとついて回るものですので考えて行動しましょう。楽観的な気持ちでみんな出演しているから私も!ということはしないようにしましょう。

本だったらバレないということもインターネットだったら残ってしまうのです。