ED治療薬の正しい服用方法

誤った服用方法をしない

ED治療薬の正しい服用方法

正しく服用すれば多くの人が効果を実感する

ED治療薬はこれまで発売されてきた効果が本当にあるのかどうか分からない実証されていないものではなくてきちんと医学的データに基づいて実に被験者の8割の方がなにかしらの効果を実感したと言われている医薬品です。

これまでに効果があるのかどうか分からないではなくて確かな効果が見込めるということもあり、多くの人が救われてきた医薬品と言えるのではないでしょうか?

8割という非常に高い成果を挙げているED治療薬ですが、あくまでも“正しい服用”をしないと効果が得られません。

むしろ正しい服用をしないとあまり効果が実感しづらいと言う一面もあります。

どうせならば最大限薬の効果を実感したいと思いますのでまずはきちんとした正しい服用方法を知っておく必要があります。

まず最初に必ず適切な量を服用するようにしてください。

ED治療薬は基本3つの規格から販売されています。【 低容量・中容量・高容量 】の3つです。

そして日本人の体型ならば正しい服用さえすれば中容量でも効果は十分に得ることが出来ると言われています。

絶対にしてはいけないのが過剰摂取です。

1日に何度も服用することはやめて1日1錠で、服用したら24時間以上を空けるようにしてください。

ただし、例えば中容量を2錠飲むということは問題ありません。ED治療薬はどれも高容量は中容量の2倍の主成分が含まれています。

ですので中容量を2錠飲んで高容量として服用することは問題ないですが、高容量を2錠飲むのは避けるようにしてください。

次にED治療薬というのは空腹時【食後2時間以上・中華料理などの脂質の多いものは5時間以上空けた状態】でもっとも効果を発揮する医薬品です。

特にバイアグラやレビトラは食事の影響を受けやすいです。※サイトによってはレビトラは食事の影響を受けづらいとしているサイトもありますが、バイアグラとレビトラの化学式は非常に似ているので基本は影響を受けると思っていいです。

シアリスやアバナも食事の影響は受けづらいとされていますが、それでも空腹時の状態のほうが早く、そしてより薬の効果を実感することが出来ます。

またシアリスやアバナも食事の影響は受けづらいですが、ある程度の制限(800kcal以内で脂質も30%未満)がありますので気をつけましょう。

とはいえどのED治療薬も薬を服用してから2時間以上経過すれば体内に薬の成分が行き渡るので後は自由に食事をしてもいいので、ED治療薬のタイプなどもありますのでご自身で調整をして使いやすいED治療薬を選びながら利用するようにしましょう。

基本的にED治療薬は空腹時で服用するということが望ましいと覚えて起きましょう。

服用する飲み物に関しては幅広く、お水やぬるま湯はもちろんのこと、お茶やスポーツドリンクなども平気で、お酒と一緒に飲んでも問題はありません。

ただし、お酒に関しては普段よりも酔いやすくなってしまいますので注意が必要です。

ED治療薬は血管を拡張させて全身の血流を良くする働きがあるのですが、このときにアルコールも一緒に全身を回ってしまいます。

そのため普段よりも酔いやすくなってしまうことに注意しましょう。お酒が強い人ならばまだしも普段からあまり強いほうではないという人はお酒と一緒に服用するのは避けて、薬の効果が十分行き渡ってから服用するようにしましょう。

泥酔してしまって気持ち悪くなってしまったり、眠くなってしまって性行為どころではなくなってしまったら意味がないので気をつけてください。

飲み物として服用してはいけないものは2種類あります。

1つは乳製品の飲み物です。牛乳や豆乳などと一緒に飲んでしまうと胃の中で膜を作ってしまってうまく薬の成分が行き渡らなくなってしまいますので注意しましょう。

もう1つはグレープフルーツジュースをはじめとした柑橘類です。

グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸というのは薬との相互作用があることで知られており、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があります。

簡単に言うと薬が効きすぎてしまうのです。

薬が効くんだったらいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、そもそもED治療薬は正しい服用さえすれば十分に効果を発揮すると言われていて、日本人の体型ならば、高容量配合の薬を服用しなくても十分に効果が発揮されると言われています。

薬の効果をより強く発揮させようとすると副作用が強く出てしまいます。

薬の副作用によって頭痛がするとかめまいが出てしまい、副作用で性行為どころではなくなってしまうと言う人もいます。

副作用は出る人には強く出てしまうので無理に薬の効果を上げようとするのではなくて、正しく使うようにしましょう。

正しく使うことで副作用による体の負担も減りますので適切に服用するようにしてください。

ED治療薬が必要な人はこれから先も長きに渡りED治療薬を使っていくことになるので辛い副作用に悩まされるよりも適度に使うことが大切です。