女性がED治療薬を服用した場合

女性は身体的特徴が現れづらい

女性がED治療薬を服用した場合

副作用に苦しむだけのケースも

バイアグラやレビトラ・シアリス・アバナは男性の勃起不全に対して効果を発揮するED治療薬です。

特に最初に発売されたED治療薬であるバイアグラに関しては世界中で販売前から注目を浴びており、社会現象にまでなりました。

それこそ日本の病院で発売される前から個人で海外に行って買い付けに言っていたり医薬品個人輸入代行サイトをいち早く利用して手に入れていました。

しかし、バイアグラが発売されたときというのはまだインターネットも全然定着していなかった時代です。

そのため正しい知識をすぐに得るということが難しかったため間違った情報が出回りました。

それはED治療薬は「医薬品と認められた“媚薬”」であるという認識です。

バイアグラはもちろんのことその後に発売されたレビトラ・シアリス・アバナも同様に服用したら強制的に性的興奮や欲求が沸いてくるようないわゆる媚薬成分は含まれていません。

そのため仕事中などの日常で服用したとしても視覚やシチュエーションなどで性的興奮が起きない状況ならば勃起はしません。

しかし、バイアグラ以前に勃起不全に効果があると言われていたのはやはり媚薬成分が含まれていると言われている商品や性的欲求を促すようなものが主流となっていました。

どうしても先入観からバイアグラも媚薬成分が含まれているという認識をしている人が多かったのです。

バイアグラを服用したことによって勃起不全が解消されたことによってすごい媚薬成分だと勘違いをしてしまった人が女性にもバイアグラを服用させていつもよりもオーガズムを感じて欲しいと考えたのです。

女性がバイアグラを服用した場合いつもよりもオーガズムを感じるのかどうかですが、これは実は効果があるという実験データも報告されています。

ただし、それは媚薬成分があるというわけではなくて、バイアグラをはじめとしたED治療薬による作用によるところが大きいのです。

というのもED治療薬というのは陰茎海綿体に血流を集めて勃起を促します。

しかし、この作用というのは男性だけではなくて女性にも当てはまるのです。

女性がED治療薬を服用したことによって血管が拡張されて血流がよくなり女性器周辺に血流が集まります。

そのためクリトリスなどが普段よりも敏感になってオーガズムに達しやすくなったという性化学の実験データもあるのです。

しかし、このデータに意を捉える人も多く、ED治療薬を服用したことでこれから性行為を行うということでプラシーボ効果ではないのか?という見方もあります。

また女性は男性と違って身体的変化の特徴も見受けることが出来ないということで懐疑的な意見が大半と言われています。

さらに女性は男性と違って性に関して精神的な要素が強い面もあるので一概には判断できないと言われています。

効果を得ることが出来なくて純粋に女性は副作用に苦しんでしまったという人もいますから男性用のED治療薬を服用することはオススメしないです。

というのも男性用ではなくて女性用バイアグラと言われている商品も多く販売されています。

無理に男性用のED治療薬を使う必要はないので女性用バイアグラで有名な「ラブグラ」を利用すればいいのではないでしょうか?

また女性は性行為が苦手だと感じている人の中には性行為時に膣内がなかなか濡れないという不感症に悩みを抱えているという人もいますからそういった人には潤滑ゼリーなども発売されています。

女性はシチュエーションや雰囲気によっても全然変わってきますので是非ともいつもよりもオーガズムを感じやすくなって欲しいとかで男性が無理に服用させるようなことはせずに潤滑ゼリーなどを用いるようにしましょう。

無理にED治療薬を使って感度を上げるようなことはしないようにしましょう。

ラブグラを購入する