ジェネリック医薬品とは

国が推奨している

ジェネリック医薬品とは

誤った認識をしている人も多い

ジェネリック医薬品の名前自体は多くの人が知っているという人がいると思います。薬局では基本的にジェネリック医薬品を推められていますし、国も推奨しています。

しかし、ジェネリック医薬品という名前は知っているかもしれませんが、その仕組みなどはあまり理解をしていないという人も多いのではないかと思います。

なんとなく病院で出されるから勧められるままに利用しているという人が多いですよね。

ジェネリック医薬品というのはどういった特徴を持っているのかをきちんと理解をする事で安心して服用することが出来ると思います。

特にジェネリック医薬品は、薬の消費期限が切れた医薬品だとか、薬の効果はないなどの、ありもしない噂が出回ったりしました。

普通に考えて消費起源が切れた薬などを国はオススメするわけがありませんよね。

こういった噂が出てしまうとやはり利用している側としても不安に感じて安心して服用することが出来ないので正しい知識を得るようにしましょう。

ジェネリック医薬品というのは世界共通語であり、海外でも通じます。

日本では後発医薬品とも呼ばれていて新しく誕生した薬、つまり先発医薬品の後に作られた医薬品という意味です。

ジェネリック医薬品を語る前にまず新薬が開発されたら特許として独占的に20年間近く独占的に販売をする事が可能です。

そして後発医薬品というのはこの特許期限が切れて独占的に販売をする期間が過ぎて他の製薬会社も名前を変えて販売をしたものをジェネリック医薬品と言うのです。

でも普通に考えたらジェネリック医薬品を作るメリットってあるの?って思うかもしれませんが、これは製薬会社側としても非常に助かるのです。

というのもそもそも新薬を開発するというのはとても大変なことで決して簡単なことではないのです。

新薬を開発しようと思ったら大体期間として10年近くかかることも珍しくもなく開発費用に関しては100億円近くかかることも珍しくありません。

そして全ての開発が決して順風満帆に販売まで降りるということでもないのです。

バイアグラなども当初は狭心症の薬として開発がスタートしましたが、開発がうまくいかずに中止に一旦なりましたが、そこからED治療薬として開発がシフトチェンジしていったりなど、色々な苦労があります。

その点ジェネリック医薬品に関して言えば日本においては開発期間は3年以上で価格に関して言えば10分の1近くにまで抑えて販売をする事が出来るのでかなり薬自体も安く購入することが出来ます。

またジェネリック医薬品というのはある程度ネームバリューがないとジェネリック医薬品を出してもそもそも先発医薬品自体が何それ?という状態になってしまうためネームバリューが大きいものに対して製造を行います。

だからこそジェネリック医薬品を他の製薬会社が作るというのは大いにメリットがあります。

購入者側としても安く医薬品が手に入れることが出来ます。ものによっては半額以下、3分の1以下で買えるものもありますのでありがたいと思います。

またジェネリック医薬品は効果が無いという噂もありますが、決してそんなことはありません。

特に日本でジェネリック医薬品を販売するとなるとかなり厳しい審査基準が設けられています。

先ほど開発期間は3年以上かかるといいましたが、それは厳しい審査基準が設けられているためで成分が公開されていたとしてもやはりきちんと先発医薬品と同等の効果があるのかどうかだったり、製造場所は清潔で安全面が確保されているのかなど厳しくチェックされます。

だからこそ成分が公開されているのにも関わらず3年ほどもかかるのです。

非常に厳しい審査基準をクリアして販売に至っているので効かないということはないので安心して利用することが出来ます。

ただし、日本のジェネリックが認可されるのは時間がかかるので最新の医薬品のジェネリック医薬品を購入したいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトがオススメです。