勃起不全の最後の砦ICI療法

基本はED治療薬

勃起不全の最後の砦ICI療法

ED治療薬が使えない人もいる

ICI療法というのはここ最近ちらほらと名前が出始めたきたので知っている人や名前ぐらいは聞いた事があるという人もいるかもしれません。

勃起不全に悩んでいる人の最後の砦とも言われているICI療法について紹介していきたいと思います。

ED治療薬は非常に多くの人から利用されていて被験者のおよそ8割の人が効果を実感することが出たと言うことで非常に多くの人に利用されており、病院でもまずED治療薬が処方されることでしょう。

しかし、ED治療薬を服用したけれど効果がなかったという人もいますよね。

また薬を服用しているためED治療薬を服用すること自体が出来ないという人もいます。

一緒に併用して服用したら命の危険にいたるケースもあるので医者から止められている人は絶対に服用してはいけません。

詳しくは『ED治療薬の併用禁忌薬』をご覧下さい。

ED治療薬が効果がなかった人や、そもそも仕えないという人は性行為を諦めるしかないと思っている人も多いですが、ICI療法があります。

ICI療法は被験者のおよそ98%の人が効果を実感しており、さらにED治療薬のような副作用も特にありません。

陰茎海綿体にちょっとした鈍痛があるぐらいです。

ED治療薬のように空腹時に服用しなければ効果が現れづらいというものなどの制約もありません。

じゃあなぜICI療法が広まっていないのかというとまずはICI療法を行ってくれる専門の病院が少ないためです。

病院で施術を行ってくれるところは東京などでは増えてきましたが、まだまだ地方で行えるところは少ないと言えるでしょう。

1回あたりの料金が10,000円と高額だからです。

ED治療薬が1錠あたり約1800円前後と考えるのであればかなり高いと思うでしょう。

さらにED治療薬にはジェネリック医薬品も販売されているということもあり、医薬品個人輸入代行サイトでまとめて購入すれば10分の1程度で購入出来てしまうということもあり、ICI療法はかなり高額だといわざるを得ません。

またICI療法は専門の医者が配合した薬を直接陰茎部分に注射をする必要があります。

もちろん針の太さは髪の毛と同じぐらいと細いのでちょっとだけチクッとする程度であり、量も0.1ccと少ないので一瞬です。

直接、注射をするのが怖いという人もいてなかなか広まらないのです。

最初は専門の医者が注射をしてくれますが、効果が認められた次回以降はご自身で注射をする必要があるのです。

というのも注射をしたら15分ほどしたら半強制的に勃起へと至るため病院で注射をしてもらってから性行為をするとなるとかなり大変ですからご自身で注射などを携帯する必要があります。

とはいえ慣れて来たら特に制約もないので人によってはICI療法のほうが便利という人もいます。

ただし、注射をしたら性的欲求や性的興奮が沸かなくても半強制的に勃起をするためかなり感度が鈍くなると言われていて早漏に悩む人が早漏改善対策でICI療法をするとも言われています。

総合的に考えるとやはり基本的にはED治療薬が効く人はED治療薬がオススメです。

あくまでもED治療薬が効かなくなったとか利用できなくなったという人でもICI療法があるということは覚えて置いてください。