ED治療薬を長持ちさせる保存法

高温多湿を避ける

ED治療薬を長持ちさせる保存法

一定の温度のところに置く

医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば一度にまとめて購入できるので割引も適用されますのでまとめて購入することをオススメします。

医薬品個人輸入代行サイトについて詳しく知りたいという人は『医薬品個人輸入代行サイトとは』をご覧下さい。

しかし、気になる点として医薬品ってそこまで持つの?っていう点ですよね。

まとめて買うけど、別に毎日のように性行為をするわけじゃない。

多くても週に1度か隔週に1度のペースだけど持つの?って思う人もいると思います。

安心して欲しいのがED治療薬は正しい保存の仕方さえすれば2年以上持つといわれています。

思った以上に長持ちするなぁ~って意見が多いと思いますが、これも正しい保存をしていないと難しいので必ずしっかりとした保存方法を覚えておきましょう。

まず直射日光が当たらないところで高温多湿の場所は避けるようにしてください。

特に日本では高温多湿な場所が多いので温度が一定で湿度のない風通しのいい場所に保存をしておくことが良いでしょう。

昨今は異常なほど気温が上昇しているので置く場所がポイントになります。

一定の温度の場所としてオススメできるのが台所の棚などに置くのが良いでしょう。

ただし、換気の状況が悪いと湿度が高くなってしまうという場所もあると思いますのでその場合は冷蔵庫がオススメできます。

冷蔵庫の場合はそもそも外気に触れずに温度も一定であり、涼しいので非常に保管しやすいと思います。

冷蔵庫に保管しているという人も多いです。

ただし、気をつけて欲しいのが冷蔵庫は涼しいですが、そこから一気に暑い日差しが照り注ぐ日中などに薬を持ち運んだりしてしまうと結露してしまいます。

そうなると薬が変形をしてしまって飲みづらくなってしまったりするのでそこだけは注意をしてください。

また基本的にED治療薬のみならず医薬品は外気に触れてしまうと一気に劣化してしまいます。

封を切らないままの状態でいれば2年はもちますが、封を開けてしまった場合は大体適した場所に保存をしたとしても1週間以内に服用するようにしてください。

また封を開けてしまった場合はまずは外気に触れないようにする為にサランラップでピッタリと包むようにしましょう。そして瓶などに保存をしてとにかく密閉して外気に触れないようにして保存するのが望ましいです。

1週間以内に服用するさいに変色していたり、また口に入れたときにいつもと様子が違ったり、変な味がして少しでも違和感を覚えたら勿体無いかもしれませんが、破棄しましょう。

薬の効果がないばかりか悪影響を与えてしまうかもしれませんので破棄をして新しい薬を服用するようにしてください。

正しい保存さえすれば大丈夫ですが、外気に触れないことを第一にしましょう。