バイアグラ

世界で最も有名な医薬品

バイアグラ

夢にまでみた薬

勃起不全に悩んでいる人からしてみればまさに“夢にまで見た薬”と称されるほどの画期的な医薬品が誕生しました。

それが老若男女世界中の誰もが名前を聞いたことがあると思います。バイアグラという薬です。

このバイアグラが誕生するまではいわゆる、性的欲求を高めるとか、性的興奮度を高めるといった商品がありましたが、どれも曖昧であり、きちんとした効果が認められていない商品がほとんどでした。

しかし、バイアグラはこれまでに発売されたものとは違い、正式に効果があると認めれて発売されることとなりました。

まさに待ちに待った医薬品といえることでしょう。

バイアグラが誕生したのは1998年にアメリカのファイザー社から発売されました。発売前から話題となっていて発売直後から瞬く間にアメリカ全土に広がるだけではなくて世界中へと広がっていったのです。

日本でもまさに異例中の異例のスピードの1999年の1月に厚労省が認可をして1999年3月にはもう発売されるようになりました。

理由としてはあまりにも話題となっていたこともあり、多くの人がいち早く効果を試したいということで直接アメリカまで買い付けに行ったり、医薬品個人輸入代行サイトを利用して手に入れていたりしていました。

しかし、いち早く手に入れること自体は問題がなかったのですが、バイアグラに対する知識がまだしっかりと日本に広まっておらず間違った認識が広まっていました。

バイアグラは“医薬品として認めれたら媚薬効果のある薬”と誤って広まっていってしまったのです。

バイアグラをはじめとするレビトラ・シアリス・アバナといったEDP-5阻害薬はいわゆる媚薬成分といったものは入っていません。

しかし、これまでに発売されていた商品が媚薬効果を促すようなものばかりが多く誕生していたこともあり、バイアグラも媚薬成分が入っていると勘違いをした人が続出しました。

そのため過剰に摂取をしてしまったり、1日に何回も摂取をしてしまったりなどした人が救急車で運ばれることが続出して時には命の危険にまで至ったケースもありました。

これを重く見た厚労省が異例のスピードで認可をして病院でも適切な処置をして処方されるように対応をしたのです。

世界中でこれまでに2000万人以上に処方されていて、今後もバイアグラは多くの勃起不全に悩む男性だけではなくてパートナーとなる女性をも救う医薬品なんです。

ただし、日本で処方されるバイアグラの規格は【25mg錠・50mg錠】の2つまでです。

本来、バイアグラの規格は【25mg錠・50mg錠・100mg錠】の3つです。

なぜバイアグラの100mg錠が認められなかったのかというとバイアグラはまさに異例のスピードで認可を行いました。

しかし、もし認可をしたのにも関わらず何か問題が出てしまったら厚労省に責任が追及されてしまうため【25mg錠・50mg錠】の2つまでしか認められなかったのではないかと言われています。

とはいえ日本人の体型ならば正しい服用さえすれば【25mg錠・50mg錠】でも十分に効果を発揮します。

バイアグラをはじめとしたED治療薬は正しい服用をしないと効果が現れづらいので詳しくは『ED治療薬の正しい服用方法』をご覧になってから服用するようにしてください。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルが基準となってそれからレビトラ・シアリスといったED治療薬が作られましたが、バイアグラは当初違う医薬品を開発していたのです。

当初は狭心症に対する治療薬として作られていたのですが、開発がうまくいかずについに開発の中止が決定されました。

そこで被験者たちに薬を返すようにお願いしたところ、返したがらない人が続出したので理由を聞いてみると勃起しやすくなったという声が多く出たことから勃起不全治療薬へと開発がシフトチェンジしていったのです。

被験者がそのまま何も言わずに返していたらバイアグラが誕生するのはもうちょっと後だったかもしれませんね。

勃起不全の人の中でも特に妊活をしているときに勃起不全になってしまう男性も多く男性の勃起不善によって子供を諦めてしまったという人もいるわけですからバイアグラが出来たことによって多くの人が救われたことは間違いありません。

バイアグラは服用してから大体平均1時間ほどで効果を発揮しますのである程度いつもこれぐらいの時間に性行為をする事が多いなぁ~って思ったら事前に1錠服用するようにしましょう。

効果作用時間は5時間もあるので焦らないようにしましょう。

大体性行為の1時間~2時間前ぐらいで服用しておけば余裕を持って性行為を臨むことが出来ると思います。

そんなバイアグラですが、日本でもジェネリック医薬品が製造されていて日本の病院でも処方されています。

バイアグラのジェネリック医薬品が発売されたことで安く手に入れることが出来るとあってED治療薬においてもバイアグラジェネリックがNo.1のシェア率を誇っています。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば多種多様なED治療薬のジェネリック医薬品が発売されているのでお試しセットを試してみても良いと思います。

また医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば日本では販売されていない100mg錠のジェネリック医薬品も購入することが出来るのです。

日本ではなぜかバイアグラのジェネリック医薬品も50mg錠までしか販売されていませんので100mg錠を試してみたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用しましょう。

バイアグラのジェネリック医薬品で有名なのがカマグラゴールドです。

医薬品個人輸入代行サイトを利用してまとめて購入すれば1錠あたり145円で購入することが出来ます。

バイアグラが病院で処方される値段は大体1,800円前後するとなると値段は10分の1以下で購入できてしまいます。

これからバイアグラは必要不可欠になると思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用してカマグラゴールドを購入して効果があればまとめ買いをして値段を抑えるのがいいでしょう。

薬には合う合わないの個人差があるのでバイアグラじゃないと駄目だという人も多いのでまずは最も有名なバイアグラのジェネリック医薬品から購入してみましょう。

カマグラゴールドをまとめて購入する